依頼者の声: Aさん(うつ病)

当事務所で障害年金の受給をサポートさせていただいた方からのお便りをご紹介します。

仕事のストレス過労で休職していましたが、「これ以上休むと退職になる」と言われ完治前に復職。
半日勤務での復帰でしたので仕事の負担は少ないものの収入も不十分で結果借金することになりました。
借金のストレスで病状が悪化する中、偶然障害年金の存在と赤岩先生のことを知りました。
働いている状態での障害年金の受給は難しいと耳にしましたがそれでも親身に話を聞いていただきました。
審査も赤岩先生の適切なアドバイスのおかげで何とかクリアー。障害厚生年金3級を受給できました。
経済面の心配が少なくなり、なんとか人生を立て直す希望が出てきました。救っていただいた赤岩先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

オフィスより

IT関係にお勤めの30歳代の男性で、うつ病を発症してしまい休職になりました。当事務所で代理して、障害年金の請求をしました。
精神の障害で注意しなければいけないのが、「うつ病」のように見えても、違う病名のこともあります。

Aさんは最初は「身体表現性障害」という病名がついていました。これは障害年金の対象にならない病名です。ただ、主治医の先生に伺ったところ「うつ病も併発している」ということで、併記をすることで無事に、障害厚生年金の3級を認められました。年金額は約60万円、月額約5万円が支給されます。

障害年金に関するご相談は…

当事務所は、あなたの障害年金に関するご相談をいつでも無料で承っております。請求をご希望の方が障害年金を受給できる可能性について、丁寧にアドバイスさせていただきます。

障害年金について詳しくお聞きになりたい方、障害年金を請求されたいと思われている方、まずはこちらのボタンから、ご相談の流れをご覧ください。

ご相談の流れ

 

関連記事

PAGE TOP