病気・ケガなどで働くことが困難な方が受給できる可能性のある「障害年金」という制度をあなたはご存知でしょうか?

障害年金とは、ほとんどの人が入っている国民年金や、会社等にお勤めの方が入っている厚生年金の給付の一つです。おなじみの老齢年金は一般的に65歳以上の方がもらえるものですが、この障害年金は、原則20歳〜64歳の人が、病気やケガで働くのが困難になった時に請求できるものです。

この障害年金は残念ながら認知度が低く、まだあまり多くの方には知られていません。
一定の年齢になれば自動的にお知らせが来る老齢年金と違い、この障害年金はケガや病気になったからといってもお知らせが来ません。自分で請求しないともらえない年金だからです。

また、受給のためには請求の難しさなどの高いハードルがあります。
請求は自分で行うこともできますが、率直に言って手続きが複雑でとても分かりにくいです。 たとえば…

「請求のための書類が複雑化しており、書くことができない」
「医師に診断書の作成を依頼したがなかなか作ってもらえない」
「自分で請求してみたが、請求が通らず受給できなかった」
「訂正に次ぐ訂正で、何度も年金事務所に通うことになった」
「障害の等級が、実情よりも下がって認定されてしまった」

など、自力での請求をするのはとても困難です。また、一度出された決定を覆すことはとても難しく、これらも障害年金の受給を難しくしています。

きっとあなたのご家族やお知り合い、また支援している方の中にも、本当は受給資格がありながら、まだ障害年金を受給していない方がいらっしゃるかもしれません。

当事務所では「全ての資格のある人に障害年金を」の想いのもと、
障害年金について知ってもらうための講演・イベント活動を行いながら、全国のケガや病気で働けずに困っている方に再び自分らしい生活を取り戻していただくためのお手伝いをしております。

このホームページについて

このホームページでは、主に以下のような記事を公開しております。ご希望に応じて興味のある記事をご覧ください。(タイトルをクリックするとそのページにリンクします。)

動画で学ぶ障害年金 複雑で分かりにくい障害年金の仕組みや制度、請求で注意すべき点などを、当事務所の代表・赤岩がやさしく解説するセミナー動画です。
障害年金の基礎知識 障害年金に関する基礎知識をまとめた記事です。「動画で学ぶ障害年金」と合わせてお読みいただくことで、理解がより深まります。
勉強会・相談会 障害年金についてセミナー形式でみなさん一緒に学ぶ「勉強会」や、個別のご相談にのる「相談会」を定期的に開催しております。
事例・依頼者の声 当事務所で受給請求のサポートを行った事例や受給のポイント、依頼者の声をご紹介しています。似たような症状をお持ちの方のご参考になれば幸いです。
ご相談の流れ 障害年金にお悩みの方、詳しくお聞きになりたい方、障害年金を請求されたいと思われている方は、いつでも無料でご相談を承っております。当事務所へのご相談の方法について紹介しています。

赤岩障害年金サポートオフィス代表 社会保険労務士 赤岩幸一

「赤岩障害年金サポートオフィス」所長。

「全ての資格のある人に障害年金を」の想いのもと、障害年金について知ってもらうための講演・イベント活動を行いながら、全国の働けずに困っている人を助けるお手伝いをしております。

障害年金勉強会の開催等で多大なご協力をいただいている、「きゃりあす」代表のキャリアコンサルタント・奥 富美子様より素敵なご紹介文をいただきましたので、こちらでご紹介します。

受給率90%以上! 「障害年金」のプロ! 病気やけがで働けなくなって困っている人を助けています。会社員生活を終え、63歳を過ぎて社会保険労務士試験に挑戦されました。「社労士だから『先生』と呼ばれるなんて、おかしいよね」と意義を唱えるところが私は好きです。
 
今と将来に困っている当事者の方、娘や息子の将来が心配でならないご両親、障害を抱える家族を支えることに疲弊してきたご家族、友人の苦悩を何とか助けたいと思っているが方法が分からない方など、困っている人をとことん助けようとしている熱血社労士さんです。
 
温かな語り口調と笑顔に、安心して相談できます。
(紹介文:奥 富美子)
きゃりあす HP http://career-as.com

PAGE TOP